toggle menu

会社概要

ごあいさつ

この度は、ウランバートル市ゲル地区再開発事業に興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

ゲル地区の再開発は、元々 JICA がマスタープランを策定したという日本と深く関わりがあるプロジェクトです。ウランバートル市民の約6割が住むという電気以外のインフラが未整備のゲル地区内にウランバートル市がインフラを通す資金を市政より供給し、民間の事業者が集合住宅を建てることにより、ゲル地区内に住む方々の生活水準を向上させることと温水パイプ(ウランバートル市内中心では温水パイプが各家庭に循環することで暖がとれます)がないために利用する石炭ストーブが起こす大気汚染を軽減させることがが目的です。

モンゴルでは、戦後約 50 万人の人口が、現在 6 倍の約 300 万人まで増えており、ウランバートル市内では、富裕層以外が住む住宅が大きく不足しています。本プロジェクトは 4 年間で約 3000 世帯のアパートメントをインフラの通らないウランバートル市内ゲル地区に建設致します。これにより、約 10000 人のゲル地区に現在住んでいる人々の生活環境を改善することができます。

このようなモンゴルにおける国策ともいうべき意義のある大きなプロジェクトを行えることは、当社の喜びですし、日本の皆様が関心を持ってプロジェクトに関わって頂けることは、本当に嬉しいことです。

このプロジェクトを通じて、日本とモンゴル、互いの利益になるような、深い関係が築けることを願っています。

当社について

スタンダートプロパティグループは、親会社であるスタンダートキャピタルグループの建設不動産を行う関連会社として誕生しました。2015 年 6 月にはモンゴル証券市場にも上場し、ゲル地区再開発事業を中心とした建設不動産事業を推進していきます。

当社は、子会社にコンクリート製造を行う上場会社も抱えて建設には万全の体制を築いています。

また、親会社であるスタンダートキャピタルグループは、建設不動産以外にも、モンゴルにおける投資銀行(証券会社)や農業、ホストコンピューターサーバー事業等、様々なジャンルの事業を行っています。

本プロジェクトを通じて、日本の皆さまがモンゴルや当社をより深く知って頂き、これから長いおつきあいができることを願っております。

社名
スタンダードプロパティグループ

英表記
STANDARD PROPERTY GROUP

事業内容
建設及び不動産業

住所
日本営業所
〒220-8120 神奈川県横浜市西区みなとみらい 2-2-1 横浜ランドマークタワー 20F

19 Khoroo, Deed salhitiin 10, number 208, Chingeltei District, Ulaanbaatar, Mongolia

CEO
LKHAMSUREN Ganbold

ウェブサイト
http://www.standardproperty-japan.com/

モンゴル語ウェブサイト
http://spg.mn/