toggle menu

新着情報

モンゴル政府、中国から13億米ドル調達して鉄道を完成させる計画を発表

2016年3月29日

モンゴル政府から数人が中国に向かい、数週間以内に概要を纏めることを目指しています。資金の用途はタバントルゴイと中国国境を鉄道で結ぶ事です。全長240キロメートルの長距離鉄道敷設になります。

政府による低価格賃貸アパートの借主は抽選で決まる

2016年3月29日

モンゴル政府が企画した低価格賃貸アパートは抽選でその借主が決まる事になりました。賃貸価格は平米5,500トゥグルグで、部屋の大きさは30平米から50平米の間です。SAC(State Appartment Corporation)によると抽選に参加する市民の数は2万7千人ですが、対象となるアパートは350戸しかないようです。
仮に抽選に買ってめでたく借りることが出来たとしても、賃貸の期間は最大5年と定められています。

丸紅がタバントルゴイの入札で選定

2016年3月29日

2月末にタバントルゴイ火力発電所建設プロジェクトの選定に向けた入札が行われ、日本の丸紅株式会社が権利を獲得しました。モンゴル政府は3年前からタバントルゴイ火力発電所建設プロジェクトの執行委員会を立ち上げ、外国の独立系発電事業者25社に対して参入を要請しました。関西電力及び丸紅、韓国の大宇E&C、フランスのGDF SUEZ及び POSCO ENERGYのコンソーシアムは最後まで残りましたが、執行委員会は丸紅を選定しました。プロジェクトファイナンスは三井住友銀行株式会社、法務コンサルティングはShearman Sterling社が行う事になりました。

5%住宅ローン導入へ

2016年3月29日

年利5%の住宅ローンに関する規則が可決され導入されました。対象は限定的で、まずはウランバートル市のゲル地区再開発プロジェクトを含む少数の住宅が対象となります。
その次の段階では今まで8%で対応していた住宅ローンを5%に変更する予定ですが、この変更が銀行の実務的な負担となっておりTDB銀行等の一部金融機関は新たな住宅ローンの受け付けを一時休止しました。

オユトルゴイの第2フェーズに対する融資

2015年12月18日

15の民間銀行と米国・カナダ・オーストラリアの公的な機関に

より44億ドルの融資が確保されたと伝えられました。

金融機関の名前は次の通り。

Export Development Canada, European Bank for Reconstruction and Development, International Finance

Corporation, Export-Import Bank of the United States, Export Finance and Insurance Corporation of

Australia, BNP Paribas, ANZ, ING, Société Générale Corporate & Investment Banking, Sumitomo Mitsui,

Standard Chartered Bank, Canadian Imperial Bank of Commerce, Crédit Agricole, Intesa Sanpaolo, National

Australia Bank, Natixis, HSBC, The Bank of Tokyo-Mitsubishi UJF, KfW IPEX-Bank, Nederlandse

Financierings-Maatschappij voor Ontwikkelingslanden. Multilateral Investment Guarantee Agency (MIGA)

融資条件は次の通り。

民間銀行ローン1 8億ドル 利子:LIBOR+3.78% 15年

民間銀行ローン2 16億ドル 利子:LIBOR+3.40% 12年

MIGA ローン 7億ドル 利子:LIBOR+2.65% 12年\

Export Credit ローン 合わせて12億ドル 利子:LIBOR+3.65%

12年と14年

銀行の不良債権が全体の7%に

2015年12月18日

前年比較で41.1%増加した不良債権は8,550 億トグルグに達

しました。今後さらに増える見通しだが現地のエコノミストは

各大手銀行は流動性を十分に確保しており、モンゴル銀行からの

融資も十分に得られる状況にあるため、大きなリスクでは

無いとコメントしています。

参考までに諸外国の不良債権率(2014年):

ギリシャ 34.3%

イタリア 23.6%

ロシア 6.7%

モンゴル 5.0%

米国 2.0%

日本 1.9%

ベレン製鉄所が来年の6月に稼動する見込み

2015年12月18日

建設費7千万ドルで日本の技術を導入したベレンの製鉄所は

20万トンの鉄を製造できるキャパシティーを有します。

開発費用のうち2千万ドルはモンゴル政府が国債の発行に

よって調達したものです。

エルデネットで発電所を増設

2015年12月18日

エネルギー省の大臣と中国の企業が12月10日に契約書に

サインしました。現在のエルデネット発電所の

キャパシティを中国企業のHunan Industrial Equipment Installation

Co., Ltd.が増加させる内容です。1年以内に稼動させる

スケジュールで費用6千万ドルのうち85%は中国側が用意します。

預金口座の利子に税金をかける政府案に銀行が反対

2015年11月21日

預金口座の利子に10%の税金をかける案にモンゴルの商業銀行はこぞって反対をしています。「預金額が減少 傾向にある今、税金をかける事は

その流れに拍車をかける事になる」と銀行協会はコメントしています。 

モンゴル政府、支出を調整

2015年11月21日

モンゴル政府は支出を抑える策として公務員の給料を下げたり、資産を売る事を検討しています。裁 判官の給料を30%カットする事と、郵便局をMSEに上場させる事は決定済み。